口臭予防に効果的な重曹

口臭があるかないかは、他人に対してのエチケットとしても、自分の健康状態を把握するためにも、結構気になるものです。
私も他人と接する機会があると、特に自分の口臭はどうなのか、食べたものや飲んだものの臭いがするのではないか、不快な臭いがしているのではないかと、なかなか心配になる時があります。

http://www.guesthouseborg.com/

口臭予防用の歯磨き粉や、マウスウォッシュ、最近はサプリメントなどありますが、私がおすすめしたいのは「重曹うがい」です。
重曹はさまざまな効果があると言われているアイテムですが、口臭予防にも効果的だと思います。私はうがいをする際に、コップに重曹少々とお水を入れ、それを混ぜたものでグチュグチュと、口の中をしっかりゆすぐようにうがいをするようにしています。

すると、普通のお水だけでうがいをした時より、口の中全体がサッパリスッキリする印象です。そして、気になる口臭もおさえられる印象があります。
また、一週間に一度くらいは、歯ブラシに重曹をほんの少し付けて、歯磨きをするようにしています。下手な歯磨き粉を使って、歯磨きをするより、かなり経済的で効果的なので、とってもおすすめです。

重曹は、防臭効果があるというので、実用的で効果的なアイテムだと思います。

口臭に関して注意が必要なことなどは

「お肌の悩み」

糖尿病は3億人ということで、3億の人たちが贅沢病ともいえる病にかかってしまっているので考えものです。

http://www.augouterbreton.com/

「口臭に関して」

おすすめの歯ブラシ・歯磨き粉など検索をかけて調べて

おくと良いです。

口臭とは

広辞苑では「口中の不潔および気道・消化器の疾患から起こる」といいます。

また、臭いの強い食品を食べることによっても起きる。人の口臭は生活習慣や体内環境によって臭いの有無や種類が大きく左右される。臭いの強い食品を避け、食事の後には歯磨き(できれば、加えて舌の洗浄)を行うことで口腔内を清潔に保ち続けることができます。

また胃や腸の調子を整えることなどが、口臭を防止する上で基本的な方法である。

健康状態や年齢性別に関わりなく起こる口の臭いである。口の中が不快な感じになるため、後述する病的口臭に比べ本人に自覚症状があるケースが多いとされる。

生活リズムや習慣、精神状態などに応じて発生する。口臭の多くがこの生理的口臭も出てきてしまう可能性もあるので注意が必要です。

子供のころ歯医者が嫌いだった人も大人になればいけるわけですから、こういったことは大人であきらめていないで、行くべきところには行くべきではないかと思います。

私がしている口臭予防について

口臭は日頃から口臭について気にかけておくことがとても大切だと思っています。私は今歯周病予防の為に歯医者に通っています。31歳にして歯周病の初期のようで、ショックな気持ちは消えませんが、たまに歯医者に行くしかないなと思っています。歯医者に行くと先生から正しい知識をもらえます。

イニオ

歯と歯の間に糸ピックを通して歯石をとることの大切さや、正しいブラッシングの必要性、私自身が虫歯になりやすいタイプなのかについて唾液で検査を受けておいたり、今の歯の状況について歯科衛生士さんから説明を受けてこれから処置が必要な歯について話を聞くなどしています。

口臭は歯ブラシだけでは完全に防げるまで甘くない問題かとは思いますが、歯の磨き残しを減らしたり、虫歯予防のうがいをする洗口液を使用したり、フッ素配合の歯みがき粉を使うなどで口の中の環境は見違えるほどよくなります。私が通っている歯医者の歯科衛生士さんによると夜に一番口の中の菌が活発に働くとのことなので、寝る前と朝一番だけは時間をかけて歯を磨くことを意識しています。私はなにか食べた後、飲んだ後にすぐ歯を磨ける時は磨いて、歯になりにくい口内環境をつくるなどできる限り気をつけている為、口臭予防に繋がっていると思います。

歯医者に行き、歯のメンテナンスで歯石をとって頂くことも歯には良い為、歯周病が進行しないことにも繋がって、口臭予防にも繋がっています。常に歯一本一本を大切にする意識は30代を過ぎてやっと高まりました。口が臭わないように日々気を付けていきたいです。