可愛いけれどちょっと困った愛犬の癖

やっぱり何だかんだいって、愛犬はとてもかわいいわけですが、うちの愛犬はちょっと困った癖があります。Ta-Ta(タータ)

おもちゃで遊ぶのが大好きなので、よくおもちゃにしているぬいぐるみを加えて遊んだりしているのですが、この時ちょっと困ったことがあります。

おもちゃであるぬいぐるみを投げて、愛犬がそれを取ってくる…という遊びが愛犬は大好きでよくやるのですが、くわえて持ってきたぬいぐるみを離そうとしないのです。

そのままくわえた状態で、自分の元にやってきて、また投げろという、無茶な要望を出してきます。

とりにいって戻ってきたのなら、また投げてほしいから普通はそのままおもちゃを床に置いたりするはずなのですが、愛犬はそのままくわえたままです。

それでも遊んでほしいと催促するので、ちょっと強引ですが仕方なく愛犬がくわえているぬいぐるみを取って、また投げてとりにいかせる…ということをして遊んでいます。

その時の愛犬は、くわえたままの状態の時はうなるような声をあげて投げろと催促してくるので、可愛いんですけどちょっと困った癖なんですよね。

普通に投げたぬいぐるみを口にくわえて持ってきて、また投げてほしいなら、そのまま口からぬいぐるみをはなせばいいのに、ずっとくわえたままの状態が癖になっているんです。