やっぱり難しいダイエット!優しい言葉に翻弄されない意思が必要

ダイエットを成功させるには、先ず自分の現状を把握することが必要です。なんと言っても手っ取り早いのが、体重計にのってウエイトを計ることではないでしょうか。ダイエットに失敗する人の多くが、現実から逃げることに終始してしまいがちです。

メタシボリの本音

例えば、朝起きた時とか、風呂からあがった後などというふうに、できる限り1日の同じタイミングで体重計に乗ることも大切です。

とにかく習慣づけることで、ダイエットに立ち向かう機運を盛り上げて行くことが大切です。また、どんなに忙しくても忘れることがないようにしなければなりません。日頃から良くしてもらっている人の、「別に太ってないじゃん」などの慰めや同情の言葉にも注意しましょう。

優しい人からの温かい言葉を鵜呑みにすることで、結果的に自分自身への甘えにつながることもあります。自分を褒めてくれる発言なら、話し半分に聞いておきましょう。

ダイエットをする人にとって、最も辛いのが忘年会や新年会、飲み会などのお誘いではないでしょうか。気のおけない仲間との語らいは、誰にとっても楽しみなものです。良好な人間関係を維持するためにも、せっかくのお誘いを断るのは気が引けます。そういう意味では、ダイエットには越えなければ試練がつきまといます。